ミモリノブログ

アラフォーひとり暮らしの好きなものごと

Amazonの「Kindle Paperwhite」を半年間使ってみた感想

 

Amazonの電子書籍を読むことのできる端末「Kindle Paperwhite」を、昨年末に購入しました。 

買ってよかった!とめちゃくちゃ思っています。

 

今回は、購入した経緯や、実際に使ってみた感想についてまとめました。

 

 

 

 

 

 

 



経緯

 

長らく、「本は紙で読まないと嫌だッ」派だったのですが、

 

  • 以前よりも狭い部屋に引っ越した
  • 引っ越しするとき、本ってすごい重いから大変。もっと身軽になりたい
  • もう、新しい本を買っても収納するスペースがない・・・

 

等々の事情により、ついに電子書籍を導入する決心をしたのが昨年です。

 

でも、スマホで読むのは画面が小さすぎるし、ノートPCは持ち運べなくて不便。

なので、Kindle端末を買ってみようと決めました。

 

 

選んだ

Kindle電子書籍リーダー 通販 | Amazon

 

Kindle電子書籍リーダーには

 

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

 

の3種類があるようなのですが、購入者レビューを探したり、既に使っている身内に訊いたり、いろいろとリサーチした結果、

 

  • 紙のような読み心地
  • フロントライト方式で目にやさしい

 

といううたい文句に惹かれ、Kindle Paperwhiteを選ぶことにしました。

そのPaperwhiteにもいろいろとスペックがあるらしく、またもや購入レビューを読みあさり。

 

迷った結果、

 

  • 32GB
  • 広告付き
  • Wi-Fiのみ

 

のバージョンを購入することにしました。

 

 

8GB と 32GB

 

書籍をダウンロードするだけなら8GBでも充分だそうなのですが、漫画だとすぐにデータがいっぱいになってしまうらしいので。

漫画を読みまくる予定だった私は、32GBのほうを選びました。

 

広告付き と 広告なし

 

広告なしのほうが、値段が高くなります。

ただ、買った方のレビューを見ると、「広告が付いていても特に不快ではない」とのことだったので、安価な広告付きのほうを選びました。

実際に使ってみると、書籍に関する広告しか表示されないので、私も特に不都合は感じませんでした。

 

Wi-Fi と Wi-Fi+無料4G

 

こちらも、4Gが付いているバージョンのほうが、値段が高いです。 

ネット回線を使うのはデータをダウンロードする時だけだし、読むときはオフラインでも大丈夫なので、

自宅のWi-Fiだけで事足りるかなぁと思い、Wi-Fiのみを選びました。

 

 

また、「買いたい」と思ったのがAmazonのセール時期でも何でもなかったので、

お買い物マラソン&ポイント5倍デーをねらって、楽天で購入しました。

 

ほんとは、Amazonのプライムデーなんかを狙ったら一番安く買えるんだろうなと思います。

 

 

届いた

 

さて、実物が届いて。

まだ開封していないパッケージの段階で、「えっ? こんなに薄くて軽いの!?」とびっくりしました。

 

※ 比較画像

f:id:mimori-h:20210704210540j:plain

文庫本より、ひとまわり大きいサイズです。

 

 

f:id:mimori-h:20210704210605j:plain

厚みでいうと、文庫本とくらべてもKindleはかなり薄いです。 

 

 

 

f:id:mimori-h:20210704210620j:plain

↑ 裏側。微妙にななめになってるのが気になる方、ごめんなさい

 

 

手で持ってみても、すっごく軽い。片手で簡単に操れます。

 

専用のカバーなども売られていますが、せっかくこんなにコンパクトなのに、わざわざ厚みを増やすのはいやだなと思って、このまま使っています。(※自己責任で)

今のところ傷もついたりしていないし、問題なく使えています。

 

 

 

使った

実際に使ってみた感想を、良い面と悪い面、両方あげてみます。

 

読み心地

気になっていた「読み心地」についてですが、

紙とまったく一緒というわけではないものの、目が疲れにくいのは確かです。

直射日光の下でも、暗がりの中でも、どちらでも読めるのがすごくありがたいです。

 

たくさんの書籍を1つの端末でまとめて持ち歩ける
  • 何冊もの本を並行して読んでいく
  • 長時間の移動などで、途中で読み終わってしまったときのために2冊目を持っていく

といったことが、Kindle端末だと簡単に実現可能です。

漫画10冊分を移動中に全巻読破、なんてこともできるので、読書家にとっては夢のような状況。

 

本を置くスペースが不要

ほんとに、シンプルに助かります。

 

セールや無料期間などで安く買うことができる

電子書籍のうれしいところは、セールで安くなったり、無料で読めたりする期間があるところですね。

時期によって対象書籍が変わるので、定期的にチェックしています。

 

白黒でしか読めない

Kindle端末のデメリットとしては、カラー表示ができない点があります。

※PCやスマホではカラーで読めます

コミックスの表紙なども白黒表示になってしまうので、そこはちょっと残念。

 

速度が若干じれったい

スマホやタブレットの操作に慣れていると、画面の表示速度がちょっとじれったく感じるかもしれません。

とはいえ、個人的には許容できる範囲です。

 

やっぱり紙の本は特別

電子書籍生活をしばらく続けていたところ、すっごく久しぶりに図書館へ行く機会がありました。

書架を埋め尽くす本の海を見て、「本だーーーーー!!!」とテンションが上がってしまった私は、勢いのまま、数冊を借りて帰りました。

帰り道、カバンの中を圧迫する、本の重みが幸せでした。

 

どんなに不便であろうと、紙の本の放つ存在感には、電子書籍に超えられない何かがあるのも確かです。

装丁込みで好きな本、というのもあるし。

 

 

まとめ

 

  • 電子書籍は便利
  • kindle Paperwhiteは薄くて軽くて使い勝手ばつぐん
  • でも、紙の本はやっぱり最高

 

それぞれの用途によって使い分けていくのがいちばんいいな、という結論になりました。

 

紙媒体は絶版になっているような漫画も、電子だと読めるのは本当にありがたいことだと思います。

高校生の頃から大好きな望月花梨先生の作品も、今から人におすすめしたとしても、電子で買って読んでもらうことができるのだからすばらしい。

 

 

 

 

オマケ・Kindleで読んで面白かった漫画

 

さいごに、実際にKindle で購入して読んだ作品の一部を紹介します。

 

 

・チェンソーマン 1~11巻

1話無料で読んで、ぜったい好きだわ~と思って最後まで読んだらやっぱりめちゃくちゃ好きでした。

電子だからこそ気軽に読み始められたのは確かだけど、書店で実物のコミックスを見ると、うわーやっぱり紙でそろえたかったな!って思っちゃう。それぐらい絵が好きです。

モノクロでざらっとした紙の感触が、殺伐とした雰囲気にすごく合うんだよ。

アニメもふるえるほど楽しみにしている。

 

 

・中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。 1~3巻

志水アキ先生の京極堂しか勝たん。

これはスピンオフなのかな。

書店で見かけたとき、ちょうど1巻が品切れ中だったので、いつか読みたいと思っていました。

そのうちKindleで1巻無料セールが始まったので飛びついて、そのまま電子版で買いそろえました。

 

 

・天国大魔境 1~5巻

これこれ、これほんとにめちゃくちゃ面白い!

こちらも1巻無料だったので読んでみて、あまりの面白さにすぐ既刊分をぜんぶ買いました。

画面や描き文字が端正で、なんとなく藤子・F・不二雄先生のSF作品を彷彿とさせます。

5巻の段階ではまだまだ謎がすごく多いので、続きもとても気になっちゃうな。

 

 

 

【これから読みたい】

 

まだ読んでないけど、近々読みたいなーと思っている作品も、ついでにあげておきます。

 


・シオリエクスペリエンス

これは作画の方の絵がすーごく好きで、いつか読みたいと思っていたら、いつの間にかかなりの年月が経ってしまいました。

ずいぶん巻数も増えていたので、そろそろ読みはじめよう!と思っています。

 

 

・怪獣8号

話題になっていて、興味を持ちつつ様子見していたところ、

昔読んで大好きだった『ポチクロ』の作者さんだったことに気づいて、「ぜったい読むリスト」のなかに入りました。

 

 

※ポチクロ!すごいオススメです!!めちゃくちゃカワイイお話だよ!全4巻!

 

 

 

・東京卍リベンジャーズ

1巻無料で読んだらすごくおもしろかったし、キャラクター造形も好きだからぜったいハマりそうだけど、長いのでちょっと後まわしになっちゃってます。

 

 

・マイ・ブロークン・マリコ

面白いと話題になっていたので。

 

・カラオケ行こ!

面白いと話題になっていたので。この方は絵柄も好きそうだな。

 

 

 

読みたいものはいっぱいあるんだけど、なかなか時間と余裕が見つかりません。

精神と時の部屋(ただし肉体年齢は影響を受けない)があればなぁ・・・

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!