ミモリノブログ

アラフォーひとり暮らしの好きなものごと

ルーズソックスが若者に人気再燃ときいて懐かしすぎたので【アラフォー女性のひとりごと】

ルーズソックスが若者に人気再燃

news.yahoo.co.jp

というニュースを見ました。

 


私、まさに世代ドンピシャで、

ちょうど高校生の頃に、ルーズソックスがめちゃめちゃ流行っていたので、

あまりの懐かしさに倒れそうになりました・・・。

 

 

 

 

でも、私自身が「当時の流行最先端のイケてるコギャル」だったわけでは全然なくって、

オシャレでもなかったし、比較的まじめ系だったし、地味なほうのグループに属していたし、

何ならジャンプで連載中だった「るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~」を読むことが生きがいのオタクでしたが、

それでもルーズソックスは必須アイテムでした。

私が通っていたのはわりと田舎の公立の普通高校だったけど、

当時はほんとに、派手な子も地味な子も、ほぼ全員がルーズ履いてたんだよね。

 

「ソックタッチ」という、ルーズソックスがずれ落ちないようにするためのノリみたいなものが必需品で、忘れたときは誰かに貸してもらってた。

ソックタッチ、どこにでも売ってたなあ・・・。今でもあるのかなあ・・・。

 

と、思って探したら今でも買えるみたい!!!

 


そのほか、

・大きめのカーディガン(ラルフローレンが良しとされた)を冬は着用、夏は腰巻き

・タータンチェック柄のマフラー(バーバリーが良しとされた)

・無印良品の黒トートバッグ(もしくはヒョウ柄)

などが、当時のイケてる女子高生が身に着けているものでした。

 

(ちなみに、ラルフもバーバリーもふつうに高かったので、私は安いノーブランドのもので代用してました笑

バイトをしてた子は、稼いだお金でそういうものを買ってたなー)

 

あとは、制服のスカートの下に体育ジャージ穿いて登校するのもアリとされていた。

(うちの学校は自転車通学者が多かったからかな。ミニスカートだから普通に冬は激寒なんよね)

 

でも、私が高校在学中にルーズソックスブームは徐々に下火になって、

その次は紺のハイソックスが流行り出したんでした。

校内の女子たちの足元の色が、どんどん白から紺へ変わっていく様をリアルタイムで見ていました・・・。

(でも、根強いルーズソックスユーザーは長いこと残っていたような記憶)

 

そのときは、「紺のハイソのほうがかわいいし、ブームが来てヨカッター」と思ってたのですが、

今あらためて見てみると、いや、ルーズソックス、むちゃくちゃかわいいな。

膝上丈のミニスカートとのバランスが最強なんだよな。

あれを現役高校生のときに履けていたの、もしかして貴重な体験だったのかもしれない。

 

たしか、V6の「学校へ行こう!」というテレビ番組がスタートした時期でもあったと記憶してます。

この番組には一般の十代の若者がたくさん出演していて、

いわゆる「コギャル」「ガングロギャル」という存在が全国区に広まったのも、この番組の影響だったのでは?という気がしています。

「イケメン」という言葉を初めて聴いたのも、学校へ行こうだったと思う!

イケてるメンズの略だとか、「イケ面」という表記だとか、言われていたような気がします。

 

TK(小室哲哉)全盛時代で、CDのランキング上位がほとんど小室ファミリーで占領されたし、

デビューしたての広末涼子がマジでマジでかわいくて、

広末涼子みたいなショートボブの髪型が流行ったし、広末涼子みたいなアヒル口も流行った(笑)。

 

 

2018年に「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という映画が公開されたとき、映画館に観に行きましたが、

これもマジのマジで同じ時代を過ごした女性たちの話だったので、

やっぱり懐かしさで倒れそうになりました。

映画の冒頭から、安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」が流れてくるんだぜ?

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

回想シーンに出てくる、90年代の女子高生役の女の子たちもリアルだった。

そういう郷愁を抜きにしても、よい映画でした・・・

 

 

は~~、なつかしかった。

昔話につきあってくださって、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村